Twitterで自分の目標を発表する3つのメリット

在宅ワーク

こんにちは、福ちゃんです。

最近はちょっとでも時間があるとTwitterを開いて、色々な方のツイートを読んだり、ツイートしてみるのですが

本当に時間を忘れるほど夢中になってしまい

危険でもあります(´;ω;`)

 

毎日どんなツイートをしたらいいか試行錯誤でやっているのですが、今回私はこんなことを書いてみました。

 

 

Twitterでの目標宣言です( `ー´)ノ

 

どうして目標宣言をTwitterでやったのかということや、

1つ1つの目標について確認も兼ねて(笑)

主に以下のことについて書いていきます。

・どうしてやりたいのか?
・どんな形でやるのか
・今からすぐできることは何か

 

目標をTwitterでつぶやいた理由

毎日Twitterを見ていると、ポジティブなツイートが多いです。

たまたまそういう方ばかりをフォローしているからかもしれませんが、

そういう勢のある方に、わたしも負けたくない!

っていうのと

私はこういうことをするから知ってほしい!

という気持ちがありました。

note雑誌の編集

現在こちらのオンラインサロンに入っているのですが

https://note.mu/ayachin_pub/n/n41b40e7a12be

 

今後、noteでマガジンを発行する予定になっています。

その雑誌の編集作業に入れて欲しい!ということを運営者さんに伝えたところ、O.Kをもらいました( ・∇・)

あとは自分でもnoteマガジンを発行したいと思っているので、企画を考えていこうと思っています。

 

アフィリエイトサイト

ブロガーとアフィリエイターは違うのですが、欲張りな私はブロガーもアフィリエイターもやって見たいと思っています。

今は情報を得ているところなのですが、近いうちに1つサイトを作ってみようと思います。

企画もの

 

自分で企画をしてみると勉強になるよ!というツイートがあったので、自分でも企画を考えてみることにしました。

とりあえずやってみるのがこちらです↓

 

毎月10冊電子書籍を読みます

娘が今1歳なのですが、本を読んでいると奪いにきて、そのうえ破ろうとします(T ^ T)

さすがに破られると困るのでどうしようかと考えていたときに

 

電子書籍を読もう♪

 

と思いついて、Kindleでさっそく読んでみました。

 

本の感触とはもちろん違いますが、私がいいな♪と思ったところは

 

夜、電気を消したあとにも本が読めること!

 

ついつい、夜更かししても読みたい本ってあるのですが、子どもがいるといつまでも明るいままとはいきません。

 

でも、電気を消すと読めなくなってしまうし・・・

 

ということが多々あったのですが、

 

スマホで読めば、明るいので暗いところでも問題ありません。

 

でも、あんまり読みすぎると目によくないので、ほどほどにするのが大事です。

 

ブクマしたツイートを勝手にランキング

 

こんな感じで、あとで読み返したくなるツイートを「ブックマーク」しています。

ブックマーク」は、あくまでも自分のためだけ。

いいね」は押すとフォロワーさんにも拡散されます。

 

自分のなかでは、ブックマークに大事な情報を溜め込みながら、勉強していくという感じですね。

だからと言って「いいね」を使わないわけではなくて。

いいね」はその人を応援したい!っていう時にも気軽にぽちぽちしているんですね。

 

だから、あとでもう一回読んで深く理解したいという時に「ブックマーク」を使います。

 

その「ブックマーク」した中から、ベスト10ぐらいかな?を選んで、発表しようとおもいます。

 

ブログ運営入門書を作成

先ほどの「ブックマーク」を使って学びながら、その結果を、

「今からブログをはじめたい」

という方のために、まとめて入門書という形で提供したいと思っています。

 

今の世の中、ブログに関する本はたくさんあるのですが、

ということなので、私なりの「ブログ運営本」を作ってみようとおもいます。

 

インタビュー記事の企画

 

最近、Twitterを見ていると、インタビュー記事を掲載したブログやnoteを発表している方が多いようにおもいます。

 

私も憧れのブロガーさんがたくさんいるので、その方達にインタビューをさせていただいて、その結果をまとめ、みなさんに提供したいと考えています。

 

おわりに

 

こうやって並べてみると、正直

 

大変・・・

 

という気持ちも出てきそうになるのですが、それよりも

 

楽しむ♪

 

心を忘れずにチャレンジしていこうとおもいます♪

 

コメント