オンラインサロンの決済システム〜5つのサービスを比較しました〜

オンラインサロン

オンラインサロンを運営する場合、有料にすると決めたらどのように参加費を徴収するのか決済について考える必要があります。

 

※オンラインサロンについて知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

【オンラインサロン秘書】に関するまとめ一覧
オンラインサロンやオンラインサロン秘書に関する記事をまとめています。「オンラインサロン運営に興味はあるけど、自分にできるかな?」と思っている方は、ぜひそれぞれの記事を読んでみてください。

 

現在はオンラインサロンに特化したサービスや、決済システムのみを利用するということもできます。

 

今回、5つの決済できるサービスを比較してみたので、一つ一つ説明していきますね。

 

【オンラインサロンの決済システム】

  • DMMオンラインサロン
  • CAMPFIREファンクラブ
  • PayPal
  • paymo biz
  • BASE

 

オンラインサロンに特化した決済システム

オンラインサロンが人気になってきたこともあり、オンラインサロンに特化したサービスを提供している企業があります。

DMMオンラインサロン

DMMオンラインサロンは、オンラインサロン開設に特化したサービスです。

 

オンラインサロン専用となっているため、開設までの手続きについても説明をわかりやすくされていますし、わからないところがあればサポートしてもらうこともできます。

 

オンラインサロンを開設する際に初期費用は無料ですが、サロン参加者の決済などがあった場合にはシステム使用料を取られます。

 

システム費用については非公開とされていますが、DMMオンラインサロンの前身であるシナプスが20%であったため変わらないぐらいだろうと言われています

 

CAMPFIRE

クラウドファンディングで有名なCAMPFIREも、オンラインサロンのプラットフォームとして利用できます。

 

CAMPFIREの場合は「ファンクラブ」という形になっており、サービスとしては決済システムの提供と参加者の入会、退会手続きが利用できます。

 

こちらも初期費用はかかりませんが、手数料は10%と明示されています。

 

決済に特化したサービス

先ほどの2つはオンラインサロンを運営するためのサービスですが、その他の方法として決済システムだけを利用するということもできます。

PayPal

PayPalは海外でもよく使われているほど有名な決済システムです。

1回のみの決済だけでなく、「定期支払い」というシステムを利用すれば定期的に決済することができます。これはあらかじめ設定することができるので、最初に設定すればあとは自動で決済できます。

PayPalも初期費用はかかりませんが支払いが行われた後、受け取る際に決済手数料がかかります。

 

30万円以下・・・3.6%+40円/件

 

paymo biz

paymo bizは、web場で決済ページを作成することができ、URLを相手に伝えることによって決済が行えるシステムです。

 

paymo bizも初期費用は無料ですが、決済については「ライトプラン」と「スタンダードプラン」が用意されています。

※どちらのプランを選んだ場合でも引き出す際には申請するたびに200円が発生します。

 

どちらを選ぶのかについては月の売り上げが関係します。

もし月額の売り上げが5万円を超えない場合には、ライトプランがおすすめです。

 

(ライトプラン)

決済手数料・・無料

引き出し申請料・・200円

(スタンダードプラン)

クレジットカード・コンビニ支払い:2.95%

PayPal支払い:3.6%

 

BASE

BASEはネットショップで有名なサービス企業ですが、オンラインサロンの決済としても使えるシステムがあります。

 

BASEでは有形の物だけではなく、無形のもの(コンテンツ)も販売できます。

そして月額課金として「定期便」というサービスがあります。

 

このシステムを使って販売をすれば、オンラインサロンの決済システムとして利用することができます。

 

BASEも初期費用は無料ですが、

決済手数料・・1回のご注文の総合計(送料含む)に対し、3.6%+40円。

サービス利用料・・1回のご注文の総合計(送料含む)に対し、3%

が必要です。

 

自分に合ったシステムを選びましょう

以上、5つのオンライン場の決済システムについて紹介してきました。

オンラインサロンをやる上でどれか利用しないといけないのだけど、どのシステムも使ったことがないからよくわからないと思うこともあるかもしれません。

 

いずれのサービスにしても問い合わせを行えばきちんと応対してもらえるので、気になることがあればぜひ直接問い合わせをして聞いてみてください。

 

またどれにしたらいいのか迷うという場合にはご相談に乗ることもできますので、その場合には私の方までお問い合わせください。

 

 

コメント