在宅ワークを始めたい主婦にオススメ【webライター】

在宅ワーク

こんにちは。福ちゃんです。

 

家で仕事をしたいな〜と思っている主婦の方は少なくないと思いますが、実際やりたいと思っていてもどんなことができるのか、どんな仕事があるのかわからなかったりしますよね?

 

はじめての家でできる仕事で一番オススメなのは「ライター」です。

でも今まで文章を書いてお仕事をしたことがないから不安・・・という方のために

 

  • ライターはどんなことをするのか
  • どこでお仕事を見つけてくるのか
  • どのぐらい稼げるのか

 

などをくわしく説明していきますね。

 

在宅ワークのライターってどんなお仕事をするの?

 

ライターという職業を聞いたことある方は少なくないと思いますが、実際に会ったことがある人ってそんなにいないのではないかな?と思います。

 

単純に言えば、ライターというのは「文章を書くことが仕事の人」です。

 

しかしこれまでライターという仕事をしている人を知らなかったりすると

 

私にもできるのか・・・

 

と心配になったりしますよね。

 

実際、本や雑誌に掲載する文章を書いているライターさんもたくさんいますが、今回ご紹介するのは、webライターです。

 

webライターはサイトやブログなどで使われている文章を書く人のこと

 

で、特徴としては以下の通りです。

 

  • 未経験でも仕事をもらいやすい
  • 家で仕事をずっとすることができる
  • 自由な時間に書くことができる

 

私自身も2年前ぐらいまで4年間ほどwebライターとして家でお仕事をしていました。

子供たちが幼稚園に行き始めて「家で何かできる仕事をしたい」ということでネットで探している時にwebライターの仕事を知って、クラウドソーシングに登録しお仕事をもらいました。

 

その経験の中で私が感じたメリット&デメリットはこんな感じです。

 

webライターのメリット

初心者でもお仕事もらえる場合が多い

今までライターの経験をしたことがない人でも、webライターの場合は仕事内容によって初心者でも可能だったりします。

 

体験や経験談などを書く仕事が多いのですが、字数が少なくはじめてライティングするという人でも問題なくできることがポイントです。

 

そのぶん報酬額は少なかったりするのですが、webライターをやってみたいという方はすぐにでも仕事を受注できることがメリットです。

 

【体験談】私がはじめて仕事をもらったのは、クラウドソーシングに登録をしてから次の日です。登録をして次の日に案件をずっと見ていたのですが、その中に【未経験でも可】という案件があったので応募してみたらすぐに採用してもらえました。
たしか育児についての体験談だったような・・・自分が経験をしていたので記事を書くことができそうだ!と思ったので、はじめての場合はがすぐにでも書くことができそうな案件を見つけましょう。

家で好きな時間にできる

webライターはいつ仕事をするかという確認をされることはほとんどありません。

また場所についても取材する必要がなければ、家で仕事をすることができます。

 

内容によっては多少、本などで情報を仕入れる必要がある場合がありますが、そこまで難しくない内容であればネットで情報を探したり、自分の持っている知識で記事を書けます。

 

【体験談】私は子供たちがいない昼間と夜寝たあとに仕事をしていました。
ただ忙しい時などは複数の案件を持っていたりしたので、その場合には土日に主人に子供達を見てもらったり祖父母に預けたりしました。仕事の量が増えてくると、家族の協力が必要になる時もあります。

パソコンがあれば大丈夫(基本的に)

パソコンがあれば、すぐにでもwebライターは始めることができます。

スマホでも文章を書けないことはないのですが、書くのに(文字を打ち込むのに)時間がかかってしまいますし、誤字脱字を見つけにくいです。

パソコンもそんなに高価なものである必要はなく、外国製の安いパソコンでもライティングができれば問題ないです。

 

ただしWordやExcelで納品を希望される発注者が少なくないので、Officeが入っているパソコンの方がいいですね。

 

webライターのデメリット

報酬が安い

webライターは未経験でもできるというぐらい、そこまで難しい仕事ではありません。

そのため報酬額は安かったりします。

1記事100円という案件もありますし、1記事3000円という案件もありますが高いからといって報酬がいいというわけではなく、報酬が高い場合には文字数が多かったり、専門性を求められるため資料を探してこなければいけないということがあります。

 

経験が長くなれば報酬額がアップする可能性はありますし、webライターの経験を生かしながら別のことでお金をもらう、もしくは稼ぐことはできます。

 

これについては、また別記事で紹介しますね。

継続して仕事をもらえるとは限らない

webライターは受注する側ですので、発注者の意思が反映されることが多いです。

そのため本来なら半年間ぐらいありそうな案件だったとしても、途中で終了してしまうということもあります。

自分に非がある場合には仕方がないのですが、理由がわからないまま発注が終わってしまうということも少なくありません。

 

困ることもありますがあくまで自分は受注者であることを忘れないようにして、打ち切りにあってしまったとしてもすぐに次の仕事を探しにいくというように切り替えられるようにした方がいいです。

 

webライターを体験してみてください

webライターのメリットとデメリットを紹介してきましたが、いかがでしたか?

やってみたいな〜と思った方は、まずはクラウドソーシングをのぞいてみてください。

クラウドソーシングで有名なところとしては

 

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • シュフティ

 

などがあります。

他にもたくさんあるので、ぜひ探してみてくださいね。

 

 

コメント