スポンサーリンク

リモート会議のカメラ写りが悪いのは服装の色のせい?気を付けたいポイントは?

スポンサーリンク
在宅ワーク

在宅ワークが増えたことで今まであまり機会が無かった

リモート会議が増えましたよね。

リモート会議が増えたことで気になるのはカメラ写りです。

リモート会議ではもちろん

実際に会って話すことができないので

カメラに写っている印象ですべてが決まります。

せっかくきれいに身支度してリモート会議に出席したのに

参加者からの印象がイマイチだったら寂しいですよね。

また、カメラ写りが悪いと顔色が悪く見えたり、

不機嫌そうに見られることもあったりして

印象が悪くなってしまうこともあります。

リモート会議のカメラ写りが悪いのは

実は服装の色のせいかもしれません。

リモート会議に出席するときは

普段よりも

  • 暗めで奇麗にまとまるダークな色
  • 華やかで深みのある色

の服装のほうが肌がきれいに写ります。

リモート会議では自分の肌と服装の色味の相性だけでなく

  • 壁などの背景色
  • 照明の色

にも気を配ることで失敗しなくなりますよ。

スポンサーリンク

リモート会議でカメラ写りを良くする服装の色とは?

リモート会議でカメラ写りを良くする服装の色は

普段着ている服よりも

  • 暗めで奇麗にまとまるダークな色
  • 華やかで深みのある色

にするのがおすすめです。

逆に白やベージュは顔色を暗くしてしまったり

肌とどうかしてぼんやりとした印象になってしまうので

リモート会議では避けましょう。

最近はリモート会議で使われるビデオカメラでも

ほとんどの場合明度の補正がかかってしまう

ことが多いです。

明るすぎる服を着てしまうと画像補正が入ってしまい

顔色が暗く補正されてしまいます。

紺や暗めの緑、グレー、深いバイオレットピンクなどは

リモート会議では顔色を明るく写してくれるので

おすすめです。

また、赤やオレンジといった華やかな色は

画面のたくさんの参加者の中でも

華やいだ印象にすることができます。

ただし、色味はパステルやビビットなものではなく、

ワインレッドやボルドーなどの深い色味にすると

顔色もきれいに写すことができますよ。

水色や黄色も清潔感や若々しさのある印象を

相手に与えることがでる色ですが、

リモート会議では逆効果になることもあるので

深めの色合いを選びましょう。

また、リモート会議では上半身のみ

写らないことが多いので

ベージュのトップスを着てしまうと

肌馴染みしすぎて悪目立ちする可能性があるので

避けた方がよさそうです。

リモート会議で服装の色を考えるときに気を付けたいポイント

リモート会議では服装の色を考えるときに

  • 壁などの背景色
  • 照明の色

についても考える必要があります。

リモート会議ではカメラが固定されていて視点が動かないため、

常に壁の色が背景色となり、

壁の色と服の色が同じ色だと同化してしまうので

注意しましょう。

また、照明の色によっても

服装の色や顔色のカメラ写りに影響があります。

暖色系の照明のもとでは顔色が健康的な肌に写りやすく、

白色系の照明の場合は顔色が美白顔に写りやすいです。

暖色系の照明では地肌色がブルーベースタイプの人も

肌がイエローベースタイプに見えたり、

白色系の照明では地肌色がイエローベースタイプの人も

肌がブルーベースタイプに見えたりして

似合う服装の色も変わることがあります。

リモート会議をする場所の照明の色味まで

考慮しながら服装の色を決めておけば

リモート会議でのカメラ写りもばっちりですよ。

まとめ

リモート会議に出席するときの服装の色は

  • 暗めで奇麗にまとまるダークな色
  • 華やかで深みのある色

がおすすめです。

白やベージュ色の服装は日常では

肌を明るくしてくれる効果がありますが

リモート会議では肌の色が暗く見えてしまうので

逆効果になってしまいます。

どうしても白やベージュを着たいときは

黒や紺のカーディガンやジャケットをサッと羽織るだけでも

顔色の写りが良くなりますよ。

また、リモート会議に出席する時の服装の色を考えるときは

背景となる壁の色との相性や照明の色も

考えながら決めることで、

壁と同色化してしまったり、

似合う色のヒントが見つかりやすくなったりするので

失敗しづらくなります。

リモート会議ではカメラ写りが印象を決める

大切なポイントですよね。

ぜひ、自分のカメラ写りが良くなる服装の色を

探してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました